大飯原発訴訟上告せず・・住民側 最高裁不当判決を回避 & 科学者会議福井支部が抗議声明・・福島事故無視し、司法の役割放棄

大飯原発訴訟上告せず・・住民側最高裁不当判決を回避  関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止め訴訟で周辺住民らの請求を棄却し、運転を容認した名古屋高裁金沢支部の判決(内藤正之裁判長)に対し、住民側は7月

原発事故と震災を描くとは 木村朗子 国際学会・・「3・11後文学を今日的に考える」inパリ

 6月21~22日の2日間にわたって、フランス国立東洋言語文化大学で3・11後文学についての国際学会を行った。主催は同大学のアンヌ・バヤール=坂井氏、それに津田塾大学の木村朗子が共催で行った。  パリでの開催にふさわしく

エネルギー基本計画撤回原発ゼロの政権つくろう・・反原連が国会前集会/“安い”も“安全”もウソ

 首都圏反原発連合(反原連)は7月7日、「NO NUKES! ENERGY AUTONOMY! 反原発☆国会前集会」を開きました。原発を「ベースロード電源」とするエネルギー基本計画を閣議決定し、原発の再稼働や輸出へと暴走

※事実曲げ原発推進 有権者不在のまま決定・・エネ計画決定 諸団体が批判 国会内で会見/再エネ社会実現に障害 龍谷大学教授・大島堅一氏の話

 第5次エネルギー基本計画の閣議決定を受けて、環境団体や研究者らが7月3日、国会内で記者会見し、計画内容に多くの誤りや誤解を招くような記述が含まれていると批判しました。  環境団体FoE Japanの満田夏花事務局長は「

原発推進勢力と協調狙う エネルギー基本計画・・笠井政策委員長が批判 /「原発ゼロ基本法案」 制定めざす

 日本共産党の笠井亮政策委員長は7月6日、国会内で記者会見し、原発推進の「第5次エネルギー基本計画」(3日閣議決定)について、国民の声を無視し原発利益共同体の要求を積極的に聞く「対話」の仕組みを重視するものだと批判しまし